新たな気づき

 

 

先日、障子を全て張り替えて

 家の中が とても明るくなった。。。

 

昔の民家では、障子が ふんだんに使われていて

全部で20枚近くの障子戸を張り替えた。

 

これを当たり前にやっていた昔の人。

 

張り替える事により 気持ちの変化も

現れる。

こういう事が 大事なんだなぁ と思いながら

こういう作業嫌いじゃないなと気づかされる。

 

普段とは違う行動をすると

大事な事に 気づかされる。

 

本日 10月27日(日) 静岡新聞に

「 新たな気づき、そして進化へ」

というタイトルの元 

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2016年~2018年 

静岡県代表が それぞれの思いを載せて頂いています。

 

写真は、日本平ホテルの素晴らしいビューの中

ヨウコさんが バッチリと撮影して下さりました!!

しっかりと まとまった文章は 静岡新聞社の森さんに

まとめて頂き 引き込まれる文章になっています。

 

ありがとうございました!!

 

 

 

| News |
共生 くらし百貨店 -静岡伊勢丹-

 

検索で手に入れたものは知識だろうか。経験だろうか。
生きていくということは、一体どういうことなのだろうか。

 

この言葉にドキッとした。

 

共に感じて、共に生きる
そんな 共生くらし百貨店に参加致します。

 

ぜひ静岡伊勢丹で 共に感じてみませんか?

 

- 共生 くらし百貨店 -

 

静岡のくらしブランド13社が伊勢丹6Fに集う、

期間限定ストア
2019年10月9日(水)〜10月15日(火)
静岡伊勢丹 6F リビングスペース

http://kyo-sei.link

 

| News |
「 g GIFT AND LIFESTYLE 」

 

2019年 9/20(金)〜10/17(木) 

 

'' Hands on Design ''POP UP イベント 
に参加させて頂きます!!

 

イタリアに行った4月から、
あっという間の日々を過ごしていますが
日本でイタリアを触れる事ができる特別な
ポップアップに感激です。

 

この「 GO 」bowl は、
特別な日に使って頂ければと
いう思いが強い作品です。

 

日本の囲碁をイメージしたフォルムは、
見て頂ければ感じて頂けると思いますが
懐かしいような空気感に包まれる。。。


そんな不思議な力を持っていると
自負しています。

 

ぜひっ!!触れてみて下さい。

 

 

「 g GIFT AND LIFESTYLE 」
'' Hands on Design ''POP UP 

 

9/20(金)〜10/17(木) 

 

 〒106-0032
東京都港区六本木6-10-2六本木ヒルズ ヒルサイドB1F

http://g-roppongi.jp/
 
@hands_on_design
Go, bowls ⚪⚫ Design: @designstudio.t
Manufacture: @hikimonojo639 for Hands on Design

 

| News |
『TAKUMI CRAFT CONNECTION –KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT』

 

 

 

この数ヶ月で 挽物所639は、

 

今までにない「 技術革新と研究 」を続けて

 

成長させて頂いています。

 

 

成長のきっかけを与えてくれている

世界的クリエイター ANREALAGE 代表取締役社長・デザイナー・森永 邦彦氏に

感謝をしながら 、

自分の持っている最大限以上の可能性を見出していきたいと思います。

 

 

是非とも 人生をかけていると言ってもいい程の展示を

ご覧に来て下さい!!

 

 

【CREATORS connection参加クリエイター紹介】

5人の世界的クリエイター×若き匠がコラボレーションする展示プログラム「CREATORS connection」に、森永 邦彦氏(ANREALAGE 代表取締役社長・デザイナー)の参加が決定。

 

会場となる平安神宮 額殿では、ANREALAGE 代表取締役社長・デザイナー・森永 邦彦氏と、若き匠の挽物師・百 聡文氏の異なる才能の出会いによって生まれた作品をご覧いただけます。

 

 

<森永 邦彦氏プロフィール>

2003年「アンリアレイジ」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。同年、東京タワー大展望台にてコレクションを開催、以降東京コレクションに参加。2014年秋よりパリコレクションデビュー。2017年、ANREALAGE FLAGSHIP SHOPをオープン。18年東京でAT TOKYOコレクションを発表。国内外50店舗で販売されている。

―――――――――――――

 

 

<CREATORS connection>

日時:11月29日(金)〜12月1日(日) 全日10時〜17時

場所:平安神宮 額殿

公式HP:https://lexus.jp/brand/new-takumi/craft-connection-kyoto/

 

| News |
ANREALAGE pop_up

 

ANREALAGEさん POP-UPの300%ハンガーを
製作させて頂きました。

 

挽物所639の可能性を広める為、
ぐいぐいワクワク 絶好のチャンスでした‼

 

 

普通のハンガーの 300%
とても大きいサイズに ワクワクの気持ちと
ぐいぐいくる問題を 一つずつ解決。

 

新宿伊勢丹で飾らせて頂いているという
夢の様な機会を与えて頂きました。

 

お近くにお寄りの際はANREALAGEの
ズバ抜けた面白い洋服を見に行って下さいませ‼

 

ANREALAGE 
http://www.anrealage.com/

| News |
KODE

 

  

 

https://kode.co.jp/Articles/cooltalk-see-see

 

ぜひご覧になって下さい!!

丁寧な文章と驚きの写真(自分の中では。笑)

 

 

 

 

| News |
ウルシオザワくん

  

 

「 物々交換会。」。。。 音楽を鳴らして椅子に座って 正面の人との物々交換。。。

っていうイメージで 、、、

2人きりで 音楽も鳴らさず椅子も一つで

カメラマンもいない 自撮りモードで パシャリっ!!

 

ここから はじまるモノ創り。

挽物と漆。

こんなこといいな、できたらいいな、と思うもの

乞うご期待!!

 

 

 

 

 

 

| News |
株式会社 挽物所639

 

 

今年も半年が経ちました。


歳を重ねる度に 時が早く感じてくるのは
自然なことでしょうか?

 

今年の初めに
「40歳に向けて 36歳というのは 大事な歳になると思います。」
と投稿させて頂いてから半年。

 

ご報告が遅くなりましたが
この度当社は組織を株式会社に改め
2019年4月11日をもって 

「株式会社 挽物所639」を
設立することとなりました。

 

これもひとえに皆様方
のご支援の賜物と深く感謝しております。

 

挽物を通じて、感動と幸せを お伝えしたいという
気持ちを大事にして 
今後はより一層 皆様のご期待に添えますよう
努力致します。

 

誰のために自分の人生を捧げるのか
しっかりと考えながら 少しづつ成長していきたいと
思います。

 

何卒変わらぬご愛顧、お引き立てを
賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社 挽物所639
 代表取締役社長 百鸛鑛

 

 

| News |
人生の旅人

  

 

「 人生を旅に例えると、あなたの人生はどんな旅ですか? 」

 

とても難しい質問をしてくれたのは、著名人である甲賀雅章さん。

 

この質問を返す答えが見つからず、悩みました。。。


でもこの答えを探す事が、自分のやっている事の答えでは??

 

76.9 FM-Hi!  
暖快!痛快ラジオ放送局 「人生の旅人 」

6月3日(月) 18:30~

 

パーソナリティー 
・スナオマサカズさん

人生のコーディネーター☆
・甲賀雅章さん

| News |
ITALY

 

イタリアから帰国して、一週間。。。

頭がフラットに なった今、イタリアで感じた事を
勝手ながら振り返ってみたいと思います。

「 ミラノ・デザインウィーク」
毎年4月にイタリア・ミラノで開催される世界最大規模の
国際家具見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」と
ミラノ市街で実施される 2000を超える企業やデザイナーによる展示
「フォーリサローネ」を合わせたイベントの総称。

そのフォーリサローネ内、 Hans on Design さんのご協力の元
今回 イタリア在住デザイナー2組の方達に挽物を使用したデザインを
してもらい作品を展示する事ができました。

搬入を終えた1日目から、至る所で行われている会場に足を
運んできました。
1日に10キロ以上毎日歩いてきたのですが
人に出会い刺激を頂き、また歩いて刺激的なモノに出会い
とても刺激的な毎日を過ごす事ができました。

自分なりに考え感じた事は、
テクノロジーというテーマが1つ前に出ていて
そのテクノロジーによって公害(環境問題)も生み出した。

環境というところを しっかり見つめ
イノベーション(技術革新)をインスタレーションで魅せるという
会場が多く感じました。

横文字ばかりになってしまい、

自分でも分からない文章になりつつありますが

「誰のための革新」なのかを

しっかりと考えなければと強く思いました。

 

伝統工芸である挽物の技術が古いか新しいかはさておき、

新しい可能性をみいだせれるよう行動するのみだと。。。

 

もっともっと挽物を通じて 幸せを伝えれるように、、、

 

 

 

| News |
| 1/10PAGES | >>